検索
  • 田所久美子

あんず頑張りました‼︎

ママさんの観察力‼︎異変に気づき早期手術‼︎ご飯食べずおまたをよく舐めてたそうです。子宮蓄膿症。たくさん食べて復活してね❤️

調べました‼ 子供を産んだことがない、もしくは何年ものあいだ子供を産んでいない高齢犬で起こりやすい病気ですが、若くても発症することはあります。

子宮蓄膿症の多くが、発情出血が見られた1~2か月後に発症します。

膣から子宮内へと侵入した細菌は、子宮内で増殖し、毒素を出します。その毒素により、血栓ができたり、腎不全を起こしたりして、命に関わる重篤な状態になることも多いです。子宮蓄膿症は、救急管理が必要な病気ですが、若いときに避妊手術をすることで防げる病気でもあります。



閲覧数:66回0件のコメント

最新記事

すべて表示

短毛😄